物件を管理する会社は普段どんな業務を行なっているの?

管理会社を上手に利用しよう

管理会社の業務って?

不動産の会社は、実にたくさんあります。
普段見慣れている都会の町中で、必ずひとつは目にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、そういった会社を利用する人や、働いている方やその関係者でなければ、どんな業務をしているのかなど、詳しいことは知らない方の方が多いのではないでしょうか。

しかも、不動産会社にはいくつか種類があることをご存知でしょうか。
不動産の「管理会社」と「仲介会社」に分かれ、それぞれにまた分類があります。

不動産の「管理会社」には、室内の管理を行っている会社と、共有部分を管理している会社の2種類があります。
室内の管理会社の主な業務は、家主から物件を預かり、入居者を募集したり、設備の修理をしたり、家賃を管理したりしています。
一方共有部分を管理している会社の場合は、エレベーターの点検やエントランスの清掃など、入居者が共有して使用する部分について管理を行っています。
どちらも、私たちの住まいを管理してくれていることに変わりはありません。

現代では、不動産会社同士での情報共有が圧倒的に速くできるようになりました。
これにより、ある不動産会社から別の不動産会社に対して、部屋を探している人に対して条件に合った物件を紹介することが可能になりました。
この物件を紹介する会社のことを「仲介会社」と呼びます。

では、様々な業務を行っている管理会社は、普段一体どんな仕事をしているのでしょうか。
意外と知らないという方は多いのではないでしょうか。
このサイトでは、不動産の管理会社が行っている業務についてご紹介していきます。
また、管理会社を選ぶ立場の方のためにも、会社の選び方についても触れていきます。

TOPへ戻る