物件を管理する会社は普段どんな業務を行なっているの?

管理会社を上手に利用しよう

>

管理会社の違い

入居者の管理はおまかせ

不動産の管理会社が担っている役割は大きく分けて二つあります。
入居者の管理と、建物の管理です。
まずは入居者の管理についての業務を見ていきましょう。

主な業務は二つあります。
「入居者の家賃の管理、苦情などの対応」と「契約更新、解約の対応」です。
家賃を家主に代わって集金したり、滞納している方への対応をしたりするほか、苦情対応、契約の更新業務などを行っています。
入居者の賃料や管理費などの、居住用の賃料債務を保証会社が保証してくれるというサービス(賃料保証)も行ってくれます。
簡単に言えば、借主が家賃を滞納してしまったときに貸主は保証会社から賃金を支払ってもらうことができるということです。
便利なサービスですが、会社によって内容が違いますから、きちんと確認することが必要です。

建物を管理してくれる

建物の管理も、管理会社が行っている大切な業務です。

エントランスや廊下などの共有部分の清掃や、電灯の交換なども業務として行っています。

また、入居者が引っ越しして空いてしまった部屋のクリーニングやリフォーム、修繕などの手配も管理会社の仕事です。

建物は時がたつにつれて、老朽化してしまいます。
柱や壁に汚れがついたままになってしまったり、脆くなってしまったりします。
こういった老朽化の対策も管理会社の仕事です。
適切な時期に、適切な修繕を行いますが、その修繕計画や予算案を出すことも業務に含まれています。
物件の価値を落とさないためにも、これらの業務は管理会社に委託しておくのがベストです。

ただし、これらの業務も全て行っているかどうかは管理会社によりますから、きちんと確認しましょう。


TOPへ戻る