ROHSの意味を理解しよう「有害化学物質について」

自然を保護するための配慮

男性

正しい分析をできる力

法令などで規制されているROHS10物質を製造している製品の中に含ませないようにするためには、しっかりとした製品の監理体制が必要になります。そうした際には専門的な知識を持っている企業の力を借りることも有益です。ROHS10物質に関する製品の分析を行なっている企業は国内にもいくつかありますが、その中から自分の会社の製造している製品に関する分析をしてもらう企業を選ぶ際には注意すべきことがあります。それは自分の会社で製造している製品の中に、ROHS10物質として規制されている物質の中で、どのような種類のものが混入している可能性があるのかを見極めることです。ROHS10物質として規制されている物質の中には鉛や水銀などの人体にとって悪い影響を与えやすい物質がありますが、特定の物質に対して特に高い専門的知識を持っている企業も存在します。そのためにできる限り環境や人体に悪い影響を与えるものを排出したり含有することを防ぐためには、適切な知識を持っている企業を選ぶことが必要になります。またROHS10物質に関する多様な分析方法を行なうことができるかということも、分析を依頼する企業を選択する際の基準のひとつになります。分析の方法が多様であればあるほど、環境に負担をかけやすい有害物質に関する分析をより多角的に精密に行なうことが可能なために、信頼のできる分析を期待することができます。そのように選択する企業によって、環境に対する影響も大きく変わっていくので、製造業者には社会的に大きな責任があります。

Copyright© 2018 ROHSの意味を理解しよう「有害化学物質について」 All Rights Reserved.